フォト
無料ブログはココログ

オンライン状態

« 【ネガティブ男子 Vol 196】~鼻水滝の如し~ | トップページ | 【ネガティブ男子 Vol 198】~4月の大波乱により疲労困憊~ »

2015年3月22日 (日)

【ネガティブ男子 Vol 197】~「平和的解決」の不公平感~

「自分の意見を通す人」と言うとすごくリーダーシップをとれる人のように感じる。
しかし「自分勝手なことしか言わない人」というとただただ困る人である。


世の中は「わがままが通る」ことが意外と多い。


例えばご飯を食べに行く際、「私は中華がいい」「僕はイタリアンがいい」となった際、
「私は中華じゃなきゃいやだ!」と言われたとき「…まあ中華が嫌なわけじゃないからそっちにしようか」という。
これは平和的解決であり、高々夕飯のお店選びで喧嘩をするのも無駄である。
しかしこの場合の男性のほうは少なからず「イタリアン行きたかったなあ…」と不満があるだろう。


ではこの後で次の外食の際「この間中華に行ったから今度はイタリアンでいい?」というと彼女はまた「えー?今日は和食がよかったんだけど」と言い出す。
本来であれば前回我慢した彼の側に合わせるのが公平であるがわがままなマイハニーを怒らせたくないダーリンは「…じゃあ和食にしようか」というであろう。


世の中の平和は「誰かの我慢」で成り立っている。


言いたいことを言う側が言うことを聞く側のおかげで喧嘩にならない。
喧嘩になったとしてもどちらかが負け、どちらかが意見を通す。
仮にこれで関係が破たんしても言いたいことを通す側の人はその意見が通る世界で生きていくだろう。
そして「自己主張が出来ない人」はいつまでも誰かの意見に左右されていく。


間違っていただきたくないのが私は「自分の意見を通す人」に文句を言ってるわけではない。
世の中に何かのムーブメントを起こしてきた人たちは自分の意見をしっかり持って、その主張をいつなんどきも貫き通したことでのちに革新的なもの生み出していった。
その時は「いうこと聞かない厄介者」と思われてるかもしれないがその姿勢の未来が社会にとって大事なものを作り出したのだ。
落合監督の言葉を借りるなら「俺流」というやつか。


いくらいい人だからって人前で主張が出来ないような人が政治家になって世の中を変えれる、と思うだろうか?
多分その人には政治家より勤勉にサラリーマンとして過ごすほうが向いている。
「意見を言える人」と「意見を聞く人」それぞれがいるから世の中は成り立っている。
どちらになりたいか?どちらが得意か?は人それぞれだ。


ただ「意見の言える人」の意見に「大賛成」ばかりですべてが通ってるわけではないということだ。
少なくとも不満があったり、もしかしたら大反対のこともある。
そこからは話し合いだったり法の場での判決だったり。一番の「平和的解決」を探してお互いがまとまっていく。


しかしその解決案だっておそらく50:50のものではないだろう。
少なからずの「譲歩」によっていずれかは決着がつく。
この時意見が通ったほうが「歩み寄ってくれてよかった」と思うのだろうか?


「平和的解決」は「どちらかが許容の範囲で譲歩した解決策」だと思う。
相手に譲らせることも自分の主張を通す意味で大事なスキルであるしおそらくそういう姿勢がリーダーに求められるものでもある。
ただ「言い負かした」のではなく「聞いてくれてよかった」と思ってもらえてるかどうか?
言われてる側の人からしたらそこの部分が見えるかどうかでずいぶん違う。


私は障害のあることもあって要件を断ったり「こうしてください」と訴えることも多い。
「朝の早い仕事はお断りします」「泊りの旅行はちょっと無理…」「きつい言動の方とは一緒に仕事したくない」など。わがままを言わないと自分が生活できないこともあるのでその部分では折れることはできない。
でも必ず「わがまま言って申し訳ない」「期待に添えられず申し訳ない」とは思っているし言葉にも出している。


言わないといけないことを言うのは大事。
でもその中で「誰かがそれによって譲ってくれる」ことを忘れてはいけない。


「日頃の感謝を込めて」というのはプレゼントの時だけでなく常日頃もって生きていきたいと思う春の夜でした☆

« 【ネガティブ男子 Vol 196】~鼻水滝の如し~ | トップページ | 【ネガティブ男子 Vol 198】~4月の大波乱により疲労困憊~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ネガティブ男子 Vol 197】~「平和的解決」の不公平感~:

« 【ネガティブ男子 Vol 196】~鼻水滝の如し~ | トップページ | 【ネガティブ男子 Vol 198】~4月の大波乱により疲労困憊~ »